弘福寺の北隣りの寺が、長命寺です。開山は明らかではありませんが、元和元年(1615年)頃の創建とも伝えられています。もとは常泉寺と号していました。

 寛永年間(1624~44年)に、3代将軍家光が鷹狩の途中、不意の腹痛のためこの寺に

休憩した際、境内の井戸水を汲み、薬を服用したところ、たちどころに痛みが消え快癒しました。喜んだ家光がその井戸に長命水の名を与えたところから、以後寺号を長命寺と改めたといいます。今も残る長命水石文や洗心養神の石碑が、それを物語っています。

 境内には、他にも様々な石碑が立ち並んでいます。

 

 江戸時代には雪見の名所であったところ方ら、芭蕉の雪見の句碑や、十返舎一九(じゅっぺんしゃいっく)の辞世の狂歌碑、太田蜀山人(おおたしょくさんじん)の狂歌碑等があります。

また、江戸時代の有名な国学者、橘守部(たちばなもりべ)の墓、幕府の外国奉行・会計副総裁をつとめ、明治になってから「朝野新聞」の社長に迎えられ、時事風刺の文を書いた成島柳北(なるしまりゅうほく)の上半身を浮き彫りにした碑などもあります。

古くは境内に弁天堂や芭蕉堂もあったが、いずれも焼失してしまった。

 門前の桜餅も有名で、現在『山本や』が二百数十年の味を伝えています。

03-3622-7771

  

 七福神のうち、紅一点の弁財天は、水辺に多く祭られている神様で、長命寺の弁財天は、

琵琶湖竹生島の弁財天の分身です。

 そもそもインドの神様で、もとは河(水)の神様でした。日本に伝来してから、弁舌や音楽を司る芸能の神として信仰されました。琵琶を奏でている御姿で描かれることの多いのは、そのためです。

 

 言葉の神ということから文字・学問・智恵の神となり、やがて智恵や学問は福財をもたらしてくれるということから、貧乏から人々を救い、財宝を与えてくれる神としての信仰ができました。

それにともなって、それまで「弁才天」と書かれていたのが、いつの間にか「才」が「財」の字に

置き換えられて、福の神の仲間入りをしたのです。水の神様ということから、

蛇がお使いとして選ばれ、巳の日に参拝するという風習が生まれました。

​©2019 隅田川七福神  

​ー隅田川七福会ー