白鬚神社は隅田川の堤の脇にあり、向島では最も古い由緒ある神社の一つです。

社伝によると、天暦5年(951年)に、慈恵(じえ)大師が関東に下った際、近江国志賀郡打颪

(うちおろし)(現滋賀県高島市)の白鬚大明神の分霊を、ここに祀ったといわれています。

祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)で、国土の神・道案内の守神であり、隅田川沿いの道祖神の役割もありました。御祭神が道案内の神というところから、後世、お客様を案内する神という信仰が生まれ、千客万来・商売繁昌などの祈願がなされました。社前の狛犬や石燈籠などが、当時の花街、吉原の料亭から奉納されていることでも、その信仰が窺われます。

 平成2年(1990年)、放火とみられる不審火にて社殿が全焼しましたが、

平成4年(1992年)にコンクリ-ト建てながら以前にもます立派な社殿が完成しました。

 

 境内には多くの石碑があり、社殿のすぐ左手には加藤千蔭筆の白鬚神社縁起碑、参道脇に

まとめられた碑には、墨多三絶の碑などがあります。また、幕末の幕臣で、外国奉行だった

岩瀬鴎所(おうしょ)の供養碑もあります。日米通商条約等で活躍した人ですが、

将軍の跡継ぎ問題のため安政の大獄で退けられ、向島で晩年を過しました。

他に、永井荷風の母方の祖父で、明治の顕官として活控した鷲津毅堂(わしずきどう)の

碑などもあります。

 

 社殿で授与される勾玉型をした災難よけの土鈴は、いかにもひなびた民芸品の香り高いもので、人気があります。

また江戸時代に、近郊農業として生産された寺島ナスにちなむ「招福茄子」の根付けが

頒布されています。

03-3611-2750

  

 福禄寿と同じく中国出身の神様で、道教の思想から出ており、「寿星」を人格化した神様です。

一説には、福禄寿の別名とも言れれています。

  寿老神は手に杖を持ち、その杖には、人の寿命の長さを記した巻物が結びつけられています。

鹿をつれていますが、この鹿は深山神のお使いで、3000年の長寿の象徴であるといわれます。人々の

安全と健康を守る

長寿の神様として信仰されているゆえんです。

 

 隅田川七福神に限り、「寿老人」を「寿老神」と記しています。これは、「由来」の項でも

述べたように、隅田川沿岸の七福神を選び出した時に、寿老人を祭ってあるところだけが

見つからなかったので、百花園のある寺島の鎮守、白鬚大明神を、その御名前からして白い鬚の

老人の神様だろうからと、寿老人にあてたことから来ているのです。

石碑には、「白鬚大神」と刻まれています。

​©2019 隅田川七福神  

​ー隅田川七福会ー