隅田川七福神の発祥の地百花園は、文化元年(1804年)に仙台の人、佐原鞠塢(きくう)が

開いたものです。百花園という名は『梅は百花のさきがけ』という意味で酒井抱一が命名したと

いわれています。

 鞠塢は日本橋で骨董屋として財をなした人ですが、晩年この地に隠退し、多賀屋敷跡を

買い求め、かねてから親しくしていた文化人の太田南畝(おおたなんぽ)〈蜀山人〉、

亀田鵬斉(かめだほうさい)、谷文晁(たにぶんちょう)、大窪詩仏(おおくぼしぶつ)、

加藤千蔭(ちかげ)らから寄贈された梅樹三百六十株を植え、梅園としました。

このために亀戸の梅屋敷に対して、新梅屋敷と呼ばれました。そのうちに万葉の草花なども植え、

江戸市民の絶好の行楽地となりました。

 ちょうど文化・文政期(1804~30年)にあたり、江戸町人文化の最も栄えた時代でもあって、

人々は花と親しみながら茶を喫し、隅田川焼き(楽焼きの一種)を楽しみました。

この評判を聞き、時の11代将軍家斉(いえなり)もこの庭園を訪れています。

 その後、明治時代、洪水による被害などによって一時荒廃したが、寺島村に別荘を構えていた

小倉石油社長小倉常吉氏が園内の旧景保存に努め、昭和13年に東京市に寄付されました。

太平洋戦争の際、大空襲のためすっかり損壊、昭和24年に東京都の手により、現在のように

復興されました。いま東京に残る名園といれれる公園は、ほとんどが大名の邸などですが、

百花園ばかりは、向島の隅田川情緒を結実した、町人文化の粋であるところに持色があります。

昭和51年(1976年)には、国の名勝史跡に再指定されました。

 蜀山人の手で「花屋敷」と書かれた風流の門をくぐると、四季の植物をあしらった庭の

あちこちに、亀田鵬斉の「墨沱梅荘記(すみだばいそうき)」の碑文をはじめ、

数多くの歌碑や句碑を見ることができます。

 今も、春の七草籠の配布、夏8月の虫ききの会、秋の月見の会など、風流な催しが行われています。

03-3619-4997
​茶寮さはら

  

 福禄寿は長頭短身の老人の姿で知られる神様で、出身地は中国です。福寿を司るとされる

南極星の精と考えられていました。

 風俗記という古書には、こんな話がのっています。

 中国の宋の時代、都に背が低く、頭が長く、ひげを伸ばした老人がいて、占いをしていたそうです。稼いだ金で酒を飲んでは、「我こそは寿を与える聖人なり」と言っているのが宮中でも噂になり、

ついに皇帝がこの老人を召し出しました。「今何歳か?」と帝が問うと、

「私は南方から来た者で、酒に酔っていないと、うまく話せない」との返事。

 それではと酒を与えると、「私は黄河が澄むのを度々見たことがある」と話し出しました。

中国の大河、黄河は常に濁っており、一千年に一度だけ澄むと伝えられています。

「これは大変な長寿の人だ」と帝が思った時、にわかにその老人は消えてしまったということです。

​©2019 隅田川七福神  

​ー隅田川七福会ー